樹種名:アガチス

科目 ナンヨウスギ科の広葉樹
特徴 東南アジアからオーストラリア及び太平洋の諸島に広く分布。
木理は通直で肌目は緻密。年輪がはっきりしない為、広葉樹と錯覚される事もある。アテが強い為、ツキ板は柾のみ流通している。

樹種名:アメリカンチェリー

科目 バラ科サクラ属の広葉樹(北米産)
特徴 カバはサクラ属ではないが、アメリカンチェリーは山桜などと同じくサクラ属。
サクラ類でツキ板生産が出来るほどの大きさになるのは、この種位である。甘く赤黒い実は食用として有名。
ピスフレックという傷害組織が点々と出てくるという欠点はあるが、緻密な木肌と独特の美しさから近年人気が高まっている。
アメリカンチェリー柾目 アメリカンチェリー板目  

※画像クリックで拡大表示

樹種名:ウエンジ

科目 マメ科の広葉樹
特徴 色がタガヤサンより全体に黒っぽい事を除けばタガヤサンによく似ている。
「シタン、コクタン、タガヤサン」と呼ばれる様に、タガヤサンは代表的な唐木の一つだが、径が小さい為か、現在では床柱として目にする程度である。その為、タガヤサンの代用としてもよく用いられる。
ウエンジ柾目    

※画像クリックで拡大表示

樹種名:ウォールナット

科目 クルミ科の落葉広葉樹(北米産)
特徴 チーク、マホガニー、ローズウッド等と並んで世界的な高級材の一つ。その為、植物学的に全く関係のない材にウォールナットの名が付けられ流通しているものも多い。一時期流行した南洋材の「ダオ」もニューギニア・ウォールナットの別名で呼ばれた。
現在、大径天然木はほとんど残っておらず、クルミ採取の為、農家などが植えた植林木からも採材される。しかし、鉄分が良いクルミを作ると考えられた為、これらの植林木の中には弾丸が入っているものもある。
ウォールナット柾目 ウォールナット板目  

※画像クリックで拡大表示

樹種名:赤松(あかまつ)

科目 マツ科マツ属の針葉樹
特徴 古民家の構造材に曲がった松梁が使われているのをよく目にするが、今では意匠的にさえ見えるこの梁も、そもそもマツ類に通直なものが比較的少ないことを意味している。現在、通直で材質の良い大径古木は極めて希少であり、ツキ板供給もあまり期待できない。近年、木目がよく似ているラーチが代替材として用いられる事がある。
赤松(あかまつ)柾目 赤松(あかまつ)板目  

※画像クリックで拡大表示


トップにもどる