樹種名:タモ

科目 モクセイ科トリネコ属の落葉広葉樹
シオジや北米産ホワイトアッシュとは同属
特徴 国産広葉樹としては、樹幹がまっすぐで枝下が長く、一本の木から複数丁のフリッチが取れる為、規模の大きな物件にも対応し安い。
はっきりとして通直な杢目は、葉節という欠点はあるが、根強い人気があり化粧合板としての出荷量は、ほぼ一定して1,2位である。
タモ柾目 タモ板目 タモ木積

※画像クリックで拡大表示

樹種名:チーク

科目 マクマヅラ科の落葉広葉樹。アジアの熱帯地域より産出
特徴 世界の最高級材の一つで、虫害に強く、耐水性が極めて高い為、古くは船舶の甲板等に利用されていた。
高級材の宿命で植物学的に関係のない材にチークの名を付けたものも多いが、装飾性の高い色調や独特な材面の感触から、代替材として主流となりえたものはない。成木になるまでかなりの年月を要する上、現在伐採禁止となっている地域もある為、良材の入手が困難となっている。
チーク柾目 チーク板目  

※画像クリックで拡大表示


トップにもどる