樹種名:ニヤトウ

科目 アカテツ科の広葉樹
特徴 アフリカ材のマコレ,モアビ同様アカテツ科の広葉樹で、材もその二種に良く似ているが、こちらは東南アジアで産出される。
カバの代用として用いられる事も多い。
ニヤトウ柾目    

※画像クリックで拡大表示

樹種名:楢(なら)

科目 ブナ科コナラ属の落葉広葉樹。ホワイトオークとは同属
特徴 欧米でオーク材は、伝統的に家具やウィスキー樽材として用いられてきた。北海道産ナラの銘木的評価は、明治末期より欧米に輸出され、家具・床材等として国内よりむしろ欧米で先に高まった。
放射組織が模様となって現れ、虎斑(トラフ)と言って嫌う向きもあるが、ナラのトレードマークとなっており、化粧合板としてはタモに次ぐ出荷量を誇る。
楢(なら)柾目 楢(なら)板目  

※画像クリックで拡大表示


トップにもどる